dti光の速度を詳しく調べました!

DTI光の通信速度ってどうなの??

 

 

DTI光はフレッツ光の回線を使って、DTIが運営する光回線です。

 

通信速度は最大1Gbpsで、フレッツや最近主流のほか回線と全く同じ。
ハイビジョン動画や高音質音楽もサクサクとスムーズに使うことができます。

 

 

・・・というのがDTI光の売り文句なのですが、実際のところはどうなのでしょうか。
このサイトではDTI光の通信速度が実際にどれくらいなのか、そしてその根拠となるものは何なのか詳しくご紹介していきます。

 

DTI光を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

最大速度は1Gbpsってどういうこと?

 

dti光 速度は大丈夫?通信品質とお得情報を詳しく調べました!

 

DTI光で紹介されている最大1Gbpsという通信速度はベストエフォートの速度です。
ベストエフォートというのは、理論上の数値を記入する表示方式のことで、インターネット回線はどの会社もこの方式で広告されています。

 

なので最大1Gbpsの通信速度であっても、実際に使うときにその速度が出るわけではありません。

 

さらに、DTI光のようなインターネット回線で宣伝している「最大1Gbps」といった通信速度は、あくまで「回線自体」のことです。
通信速度は

 

  • 回線
  • プロバイダー
  • Wi-Fiルーター
  • 使用する端末(パソコン、スマホ)

 

といった、データーが転送される各場所で変化します。
なので、回線の品質が良くても、ほかの機器が悪ければ速度は遅くなるわけですね。

 

なのでそもそも回線の通信速度自体がベストエフォートで表記されている。
さらにその他の機器の影響でも速度が変わる。

 

という2つのポイントを理解しておく必要があります。

 

フレッツ回線と同じ通信速度ってどういうこと?

 

 

DTI光はフレッツ光と同じ回線を使用し、通信速度も同じだということで売り出しているのですが、その意味をしっかり理解している人は少ないと思います。
ここではフレッツと同じという意味についてご紹介していきますね。

 

DTI光に限らず、現在存在するインターネット回線の7割はフレッツ回線を使用したサービスです。
KDDIの独自回線を持つauひかり、地域限定回線であるコミュファ・eo、BBIQなど以外はすべてフレッツ回線を使用しています。

 

 

「フレッツと同じ速度の回線を使う」の意味

 

 

インターネットを使うときには、回線とプロバイダーの2つが必要になります。
回線はそのままで、プロバイダーが回線と自宅をつないでくれる役割になります。

 

2015年以前はフレッツとプロバイダーの2社にそれぞれ契約するという方式が主流だったのですが、それだと効率が悪いので、契約するあいてを1社にする仕組みがスタートしました。
それが光コラボと言われるものです。

 

光コラボは利用者と業者の両方の手間を省くために、契約を1社にするシステム。
DTI光でいうと、もともとはフレッツとDTIだったところをDTI 1社のみに契約することになります。
支払いもDTIに払いますし、顧客管理はDTIが担当します。

 

ですがDTIがフレッツにお金を払って回線を使うので、結局はフレッツ回線とプロバイダーのDTIを使うという仕組み自体は同じなんですね。

 

なので、通信速度はフレッツ光の1Gbpsと同じ。
速度が同じなだけではなくて、契約をDTIと結ぶということ以外はすべてフレッツを使うことと同じなんですね。

 

通信速度が同じなだけでなく、フレッツ側は顧客管理に人員を割かずに済むようになるので、現在は光コラボを推奨しているというわけなんです。

 

 

 

じゃあDTI光の通信速度はどうなの?

 

インターネットの表記がベストエフォートで周辺機器にも影響を受けて速度が変化すること、DTI光がフレッツ光を使うことと同じであることはわかりました。
ですが、実際にDTI光がどれくらいの通信速度が出るのかがわからなければ、使うかどうか判断できないですよね。

 

ここからはDTI光を実際に使ったときにどれくらいの速度が期待できるのか、また他社回線と比べてどれくらい速度に差があるのかをご紹介していきましょう。

 

回線自体はどこもフレッツ光なので、通信速度を左右するのはプロバイダーということになりますね。
つまりDTI光の速度を判断するためには、DTIがプロバイダーとしてどれだけ評価されているかを知ればわかるということになります。

 

 

DTIはプロバイダーとしていくつも表彰されている

 

 

インターネット回線はベストエフォート方式で表記されますし、通信環境によって速度が大きく変化します。
なので、ネット上の口コミをいくつか見ただけではその回線の速度が速いかどうかはわからないです。

 

ではどうすればよいのかというと、できるだけ多くの利用者の意見を取り入れれば、ある程度その光回線の通信速度の信頼性がわかるわけです。
なので、インターネットやスマートフォン業界では、速度の信頼度を測る指標としていくつかの大手企業の市場調査を参考材料として使います。
このような市場調査は定期的に数千〜数万人単位の意見を聞いたものなので、通信速度の判断がつくわけですね。

 

DTI光はRBBなどの大手満足度調査で、複数の賞を受賞しています。
そのなかでもインターネット回線の通信速度の市場調査で最も有名なRBBスピードアワードで最優秀賞を受賞していることに注目です。

 

現在300ある光回線の中でRBBスピードアワードを受賞している回線はごく一部なので、通信速度で高い評価を受けていることがわかるでしょう。
同じフレッツ回線を使っている会社が数百あるなかで、トップの賞を受賞しているので、DTIはプロバイダーとして優秀であることがわかるでしょう。

 

 

DTI光の料金・キャンペーン

 

dti光 速度は大丈夫?通信品質とお得情報を詳しく調べました!

 

DTI光は料金的にも非常に安いのが特徴です。
月額料金は、

 

  • 戸建て:4,800円
  • マンション:3,600円

 

です。

 

現在の光回線の平均は戸建て5300円、マンション4200円くらいなので、随分割安ですね。

 

これに加えてキャンペーンサイトを利用すれば最大15,000円のキャッシュバックも受け取れるのでかなりお得。

 

現在200以上ある光回線の中でも、トップクラスに料金が安いこと。
そしてごく一部しか受賞していない通信速度に関する賞、RBBスピードアワードを受賞しているので高い信頼がおけます。

 

今だけ期間限定でキャッシュバックもついているので、キャンペーンが終了する前に判断してみてくださいね!

 

 

その他DTI光に関する情報はこちらのサイトでご紹介されています。

 

dti光 評判
http://xn--dti-ws1e.xyz/
dti光 遅い
dti光キャンペーン.xyz
お得なキャッシュバック情報